「決算対策」の記事一覧

逆養老・逆ハーフタックス(GHT)

逆養老・逆ハーフタックス(GHT)とは 法人契約の養老保険は、契約形態によって経理処理が大きく異なります。ここでは、「逆養老」または「逆ハーフタックス(略してGHT)」と呼ばれる養老保険の契約形態について解説します。 なぜ「逆」と呼ばれるのか。一般的に法人契約の養老保険は、下記の契約形態で支払保険料の半分を福利厚生・・・

生命保険の保険料が払えなくなったら

決算対策で導入した生命保険は、(一部例外もありますが)最終的には解約して解約返戻金を現金化することがゴールとなります。この解約返戻金を貯めるには、予定される時期まで保険料を払い続けなければなりません。しかしながら企業の業績には波があるため、途中で保険料が払えなくなってしまうことも懸念されます。 保険料が払・・・

逆養老・逆ハーフタックス(GHT)

■ご注意 決算対策で活躍している逆養老保険(逆ハーフタックスプラン)ですが、2015年2月27日で販売を終了致しました。 逆養老保険は終了致しますが、他にも効果的な手段がございます。 詳しくは事業保険.jp 役員報酬の手取りを増やす方法をご覧ください。 逆養老・逆ハーフタックス(GHT)とは・・・

将来に発生する雑収入対策

出口で課税されたら決算対策したことにはなりません 決算が近づいてくると、利益の着地見込みが見えてきます。法人税の軽減対策で生命保険を導入する場合には、予想される利益や企業の意向に合わせて商品設計するのが一般的です。 保険料の全額または一部は経費として処理することができるため、利益が圧縮されて法人税が軽くなり・・・

脱税との違い

脱税は違法、納税は義務、法人税の軽減対策は権利です 法人税をどんなに多く支払っても、いざというときにお金を返してくれたり、貸してくれたり助けてくれるわけではありません。 企業はこの先何が起こるかわからない『将来の万が一』に備えておくべきではないでしょうか? とはいえ違法行為は問題です。では、どこまでや・・・

法人税の決算対策

経営者に常に付きまとう不安感。それを解消するために含み資産の構築 法人税をどんなに多く支払っても、いざというときにお金を貸して助けてくれるわけではありません。 企業は『将来の万が一』に備えて、利益を簿外(オフバランス化)に効率的に蓄えておけば、経営者の想定外の問題が発生しても経営危機を未然に防ぐことが出来ま・・・

将来に備えた財務対策と含み資産経営の提案

含み資産を形成することにより、強い企業財務体質を確立 多くの企業は、今期の業績見通しは把握できても、来期以降の業績予想を把握することは難しい場合がほとんどです。 できるなら今期にあがる利益を蓄積しておいて、来期以降の業績に備えておきたいと考えるのが自然な流れです。 企業には従業員の生活を支え続けていくこと・・・
サブコンテンツ

このページの先頭へ