相続対策!暦年贈与で保険をプレゼント

□■■■
■□■■ ライフィ・経営者向けメールマガジン 
■■□■          2017年3月15日
■■■□
────────────────────────────────────
今回は、少し違った暦年贈与についてご案内します。
暦年贈与とは、毎年110万円までの贈与ならば、贈与税が非課税になる制度で、相続
対策でよく使われる方法です。
一般的には親から子へ資産を移すイメージが強いのですが、アプローチの違う方法を
ご案内します。

ライフィは、生命保険・損害保険・少額短期保険の合計50社以上の中から、
常に最適な商品を選んで頂くことができる総合保険代理店です。 
保険が持つ様々な機能を駆使して、企業の財務強化に取り組んでいます。
────────────────────────────────────

相続対策! 暦年贈与で保険をプレゼント

─────────────────────────────────────
相続対策には様々な方法がありますが、最もポピュラーなのが暦年贈与ではないでしょうか。
ご存知の方も多いと思いますが、暦年贈与とは毎年110万円までの贈与ならば、贈与税が
非課税になる制度です。

親に資産が集中していると、親の死亡で相続が発生した時に、相続税が高額になってしまう危険性があります。
そのため、事前に親から子へ資産を移すことで、相続税負担を軽くする効果が見込めます。

しかし、暦年贈与はただ単に子供名義の通帳に現金を移すだけでは不十分で、以下の項目
に当てはまると贈与として認められない危険性があるため、余分な相続税を支払うことになりかねません。

・贈与契約書を作成していない
・子供の預金通帳が親の管理下にある
・移したお金を子供が使っている形跡がない など

上記をクリアにして、暦年贈与を安全に運用するためには、生命保険を活用するのが効果的です。流れとしては以下のようになります。

・贈与契約書を作成する →
・親の口座から子供の口座へ現金を移す(手渡しではなく通帳に跡を残す)※ →
・子供名義で貯蓄性の高い生命保険に加入する
※移す金額を110万円超にして、少額でも納税して履歴を残せればなお可

このような手順を踏めば、暦年贈与としての安全性が高まるだけでなく、貯蓄性の高い保険は解約すれば現金を確保できるため、相続税が発生した時の納税資金としても活用できます。

このような方法ももちろん効果的ですが、貯蓄性の高い保険は、保険料を一定の年数以上
払わないと解約返戻率が高水準になりません。
もし途中で親の収入が激減して、暦年贈与に回す資金繰りが厳しくなってしまうと、見込んだ解約返戻率に達する前に、保険料を払えなくなる危険性があります。

このようなリスクを回避するために、払込期間の短い医療保険を使う方法があります。
医療保険の中には、保障が一生涯続くのに、保険料を支払う期間が5年未満という商品が
存在します。
払込期間が短くなれば、途中で保険料を支払えなくなるリスクは減少します。

医療保険は掛け捨て保険のため、相続時の納税資金にはなりません。
そのため資産を移すというよりは、親から子へ医療保険をプレゼントするようなイメージになります。
しかし子供が将来、医療保険で支払う保険料を削減できる、あるいは入院で保険金を受け取ることができると考えれば、間接的ですが資産を移動したことに繋がります。

暦年贈与は親の「ゆとり資金」で行うケースが多いため、ゆとりがあるうちに支払いを完結させるのが理想です。

ご興味のある方は、こちらからお問合わせ頂ければ幸いです。
URL:http://lify.jp/EXT/index_n.php?param=mailmaga_201504

メールでのお問い合わせ・お見積りはこちら
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

ご相談・お問い合わせでご不安・ご不明な点がある場合お読みください。
コンサルティングの流れ

経営者向けメールマガジン- 一覧はこちら

サブコンテンツ

このページの先頭へ