優遇されている退職金税制の有効活用

退職金制度は経営者の味方です!
退職金の税率は一般の所得税よりも低く抑えられております。会社が社員に、または役員に渡す場合、最も手取りが増えるすばらしい制度です。が、現実的な問題として退職金を積立てる原資が必要であることも否めません。
弊社は、様々な企業の中で、取り入れられている手法をご案内いたします。


退職金=死亡退職金ではありません。生存中に活用できるものです。 退職金は、退職所得控除を引いた額の1/2に課税され、なおかつ他の所得とは別枠で税金がかけられ、通常の収入に対する税率は上がらない、とても優遇された制度です。

しかし、これを有効活用できている企業は多くありません。それは以下の理由です。

 1.退職金を支払うための準備資金がない。
 2.利益はあっても、現金は無いので、退職金の積み立てができない。
 3.具体的な生存退職金制度の活用手法がわからない。

要は、優遇された制度であるのは知っていても、具体的手法がわからなかったり、キャッシュフローが苦しかったりして、活用できないのです。

しかし、ライフィは、そのために新たに資金を準備することなく借り入れることもなく退職金の原資を準備する手法をご提案しております。
役員報酬で1億受け取れば手取りは5千万だけですが、退職金として受け取れば手取りは8千万です。上手く活用しない手はありません。

メールでのお問い合わせ・お見積りはこちら
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

ご相談・お問い合わせでご不安・ご不明な点がある場合お読みください。
コンサルティングの流れ

サブコンテンツ

このページの先頭へ