将来に備えた財務対策と含み資産経営の提案

含み資産を形成することにより、強い企業財務体質を確立

将来に備えた財務対策と含み資産経営の提案

多くの企業は、今期の業績見通しは把握できても、来期以降の業績予想を把握することは難しい場合がほとんどです。

できるなら今期にあがる利益を蓄積しておいて、来期以降の業績に備えておきたいと考えるのが自然な流れです。

企業には従業員の生活を支え続けていくことや、企業の役割として世の中に存在し続けなければならないといった社会的な責任があります。

さらには経営環境の激変や得意先の倒産および事故や災害に対しての充分な備えが必要なのです。

昨今は不動産や株式には時価会計が導入されはじめ、社会情勢に企業の収益が大きく影響されない、含み資産経営というものが難しくなってきております。

しかし、含み資産を形成することにより、強い企業財務体質を確立することが可能です。

もっとも有効な含み資産は法人契約の生命保険です。法人専門の当社は、御社の決算状況・事業計画に沿ったご提案をさせていただきます。

含み資産に関連するページ

含み資産に関しては下記のページにも載っています。

メールでのお問い合わせ・お見積りはこちら
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

ご相談・お問い合わせでご不安・ご不明な点がある場合お読みください。
コンサルティングの流れ

サブコンテンツ

このページの先頭へ