脱税との違い

脱税は違法、納税は義務、法人税の軽減対策は権利です

脱税と法人税の軽減対策の違いイメージ

法人税をどんなに多く支払っても、いざというときにお金を返してくれたり、貸してくれたり助けてくれるわけではありません。

企業はこの先何が起こるかわからない『将来の万が一』に備えておくべきではないでしょうか?

とはいえ違法行為は問題です。では、どこまでやったら脱税なのか?は「意図を持って所得を隠す」、「本来の金額よりも少なく申告する」などは脱税であると言い切れます。

『ならばどうやって納税額を軽減するのか?』この境目の判断が難しいですね。「脱税」をしてしまうと「5年以下の懲役若しくは500万円以下の罰金」になります。納税は義務です。日本に住み働く権利を獲得しているのですから。

法人税法を守っていたとしても解釈によって違法とされる場合もあります。そのあいまいな部分を明確に示すものが通達です。
この通達を守りながら納税を軽減することは逆に権利といえます。

脱税の手口と現金の隠し場所

時事通信社のWEBに国税庁が提供した脱税関連の現金の隠し場所画像がアップされています。

隠し場所の例

  • 居間のポットの中
  • お風呂場の天井裏
  • 米びつ
  • エレベーターの床下機械室
  • 書斎書庫の外箱の中
  • 車トランクのスペアタイヤの下

ここに掲載されている手口は全部ダメってことです。当然、公開していない隠し場所データもあるでしょう。

「法人税の軽減対策は絶対にするべき」です!

会社を継続的に経営し、反映していくことは、雇用を増加させ、会社・社員が所得の中から消費をし、結果、社会への継続的貢献に繋がります。

ならば、権利として認められている法人税の軽減を徹底的に行い、継続的に繁栄していく・・・。

立派な社会貢献だと考えます。

一番問題になることは「会社が倒産」することです。取引先や関係者に迷惑をかけ、ましてや社員とその家族全員を路頭に迷わし、社長自身も巨額の負債を抱えることになります。これは社会全体にブレーキをかけることになりますので。

日本国家繁栄のため、社員とその家族のため、取引様のために正々堂々と権利を行使しましょう!

専門家に依頼する

本来、経営者である以上、基本的な税法を学んでおく必要はありますが、最新の『合法的な法人税対策』を極めるためにはそれなりに知識を必要とします。が、考えてみてください。

経営者の一番の仕事は『売上を上げ、利益を増やし、社会に貢献する』こと。

毎年変わる税法を理解し、法人税対策を極める時間があるならば、売上を伸ばすことに専念すべきです。

税理士の先生方も毎年代わる経理処理の勉強に追われています。常に最先端の対策方法を熟知することはやはり簡単にできることではありません。となれば法人税の軽減対策に特化した専門コンサルタントに任せるべきではないでしょうか?

利益を効果的に蓄積し、将来の万が一に備え、会社倒産のリスクを少しでも軽減する それが法人税の軽減対策です。

当社は最新の情報を常に収集し、対応方法を考え『お客様の財務強化』を目指し、法人税軽減のアドバイスをさせていただきます。

法人税の軽減対策や決算対策に関して更に知りたい方は是非ともお問い合わせください。

参考ページ

税務通達 保険料

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/houji310.htm

法人税関係

http://www.nta.go.jp/taxanswer/hojin/houjin.htm

時事通信「現金ざくざく! 脱税摘発 写真特集」

http://www.jiji.com/jc/d4?p=txe022&d=d4_eco

メールでのお問い合わせ・お見積りはこちら
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

ご相談・お問い合わせでご不安・ご不明な点がある場合お読みください。
コンサルティングの流れ

サブコンテンツ

このページの先頭へ