リスク軽減と保険料コストダウン

リスク軽減と保険料コストダウン

経営に活かすための保険加入は、トータル的に分析・判断・加入することが不可欠です。一般的に企業の「リスク回避のために必要とする保険料」は年間売上の4%程度と言われています。

また、欧米諸国ではほとんどの企業が、企業が抱える全リスクを保険契約1件で全てのリスクをカバーするなど、トータル的なリスクマネジメントを積極的に行っています。

リスク軽減のメリット

fig00_1

しかし、日本国内においては、生命保険・損害保険の垣根、リスクのないところに保険をかけたり、本来必要な保険に加入していなかったりと、ムダに保険料を支払っている企業が多いのが現状です。
また、わざわざ保険発注担当者を置き、その「人件費そのものが保険コストの一部」になっていることすら、気付いていない会社も多く見受けられます。

金融ビッグバンと叫ばれはじめて、ようやく自由化の波が押し寄せたとはいえ、財務省が掲げる「フリー・フェア・グローバル」の理念と現状には、まだまだギャップがあるとはいえ、トータルリスクマネジメントの考え方は中小企業にも普及してき始めています。

リスクの洗い出し・見直し

当社は企業様(有限会社、医療法人なども含む)の業務分析から全リスクを洗い出し、生・損保険会社30社以上の中から適切な商品を選択、常に「安く・安心して働ける環境作り」のお手伝いを行っております。

fig00_2

メールでのお問い合わせ・お見積りはこちら
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

ご相談・お問い合わせでご不安・ご不明な点がある場合お読みください。
コンサルティングの流れ

サブコンテンツ

このページの先頭へ