企業負担の社会保険料を下げる手法

企業負担の社会保険料を下げる手法

企業のリスクを軽減する場合の保障コストは、安いことに勝るものはありません。

企業経営上、法人税の軽減や削減には目を向けますが、社会保険料のコスト削減を考えていないケースが多く見受けられると思います。企業は法人税のみならず社会保険料という税金を負担しているのです!

社会保険料は今後ますますの企業負担の増加が予想されます。

給与規定を見直し、インセンティブ制度や福利厚生制度を活用し、社員の実質手取りを減らさないまま社会保険料を削減を検討しましょう。当社では、有能な社会保険労務士事務所と提携、効率の良い社会保険料負担方法をアドバイスしております。

団体福祉定期保険(従業員のために掛捨てで掛けている生命保険)に加入していませんか?

もし加入していれば、ほとんどの企業が簡単に保険料を削減することが可能です。

当然、保険会社の安全性なども充分に考慮に入れながら検討いたします。

保険料を下げますが、保障額は変えないように御社の加入状況や加入希望に合わせて、加入手法をコンサルティングいたします。

変更手続きも非常に簡単です。
効果を上げるためにも、ぜひお早めにお問い合わせ下さい。

メールでのお問い合わせ・お見積りはこちら
メールでのお問い合わせはこちら

お電話でのお問い合わせはこちら

ご相談・お問い合わせでご不安・ご不明な点がある場合お読みください。
コンサルティングの流れ

サブコンテンツ

このページの先頭へ